Rolling60

アクセスカウンタ

zoom RSS 旅行その5 瀞峡から南紀へ

<<   作成日時 : 2010/05/26 18:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 20

きょうは、仕事休みでした。
天気は曇りで、寒い一日でしたね。明日も、寒いそうです、4月上旬の気候とか・・・・
どうなってるんでしょうね?今年の天気は。

さてと、それでは、旅行の続きです。

瀞峡観光ですね。

瀬のある河川で、運行している観光船は、この瀞峡ウォータージェット船だけだそうです。
それでいて瀞峡に入ると、まるで湖のように静かな川となり、さらに奇岩や岩間に咲く可憐な花、そそり立つ山々の絶景が観れるんですね。

コースです。

画像
 

乗船費用は、大人一人、3300円ですが、熊野交通のホームページにネット割り引きチケットがあります。
これを、前もって印刷して、当日乗り場にもってゆけば、3000円になりますよ。

運行中は、テープで案内が流れます。

いろんな奇岩や景色のところで、止まってくれます。

亀岩

甲羅干しをしている亀の姿に似ているところからこの名がある、広々とした岩。頭の部分だけでも4m四方あり、胴の長さ13m、畳を敷けばなんと30畳余りの大広間ができる広さです。この付近は、実際、本物の亀も住んでいて、ときどき甲羅を干しに出てくるところです。


そういえば、亀が頭だして、甲羅干ししてましたよ。カメのアタマかぁ・・・・

写真は、ウォータージェット船の窓開けて撮った写真です。水しぶきがあがってますね。

画像


いろんな奇岩がありますね、墜落岩とか、天柱岩・とさか岩・大黒岩、夫婦岩というのもありました。

いすれも、20m以上の奇岩がそびえたってます。圧巻ですよ。

コース詳細については、こちらの熊野交通のホームページで。


適当に、写真とりました。

画像


ジェット船とすれ違いました、何故か、思わず手を振ってしまいますね。

画像



松茸岩だと思います。

瀞峡の断崖・奇岩は、熱変成を受けたホルンフエルス。長い歳月をかけて作りあげられた自然の芸術作品です。なかでも、この松茸岩は見もので、日本一の名石だと賞賛されています。岸辺に、にょっきりと立つ様子はちょっぴりユーモラスでもあり、観光客の人気ものです。



画像


こんな景色が、延々と続くんですよ。

画像



といわけで、 瀞峡めぐり、2時間30分の川くだりでした。


さあ、次は、国道168号線の最終地点、新宮市です。

新宮からは、右折して国道42号線へ・・・南紀のきれいな、海岸線を快適なドライブです。

画像


途中で、ソフトクリームが食べたくなったぞ・・・・ということで、適当なところで休憩です。

写真は、南紀串本の奇岩、橋杭岩です。

ここは、吉野熊野国立公園に属していて、同町の大字鬮野川(くじのかわ)の小字橋杭の、紀伊大島に対向する海岸から紀伊大島方面へ南西一列におよそ850mもの長きにわたって大小約40の岩が連続してそそり立っており、橋杭岩とはその岩の総称だそうです。
直線上に岩が立ち並ぶその姿が橋の杭のように見えることから橋杭岩と呼ばれているということです。
また干潮時には岩の列中ほどに附属する弁天島まで歩いて渡ることが出来るそうですよ。

観光バスがたくさんとまってました。バスガイドさんが、案内してたので、そばで、聞いておりましたよ。

画像


ソフトクリーム美味しかったなぁ・・・おおきな、とぐろまいてましたわ。

写真は、奥さんの後姿です。

画像


休憩しながら、ボーと海を眺めたり、なんだか眠たくなってきたぞ。

さてと、いよいよ旅も終わりですね。一路42号線を、快適なドライブ・・・・
南紀白浜から紀伊田辺へ・・・・ここから、阪和自動車道へ入り、無事、大阪へ帰ってまいりました。

奥さん曰く、これから毎月、何処かいきたいわ・・・だと。


ではでは、尻取りはここから続きます。

次は「て」からでしたね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

コメント(20件)

内 容 ニックネーム/日時
わははは、カメの頭の甲羅干しですか。(笑)
きっと、こおんな感じだったのでしょうね・・・。(ぽこりーん

私はまだ川下りの船には乗ったことがありません。景色を見るだけでも素晴らしいようですね。
今度みんなで一緒にスマタ峡ライン下りツアーにでも行きましょう!(笑)

しりとりは「て」からですね。
「てっしゅ」でどうでしょうか?(ダメ?
たくたくろ
2010/05/26 19:34
たくたくろさん (●・ω・)ノ★。、::。.::・'゜こんばんわー☆。.::・'゜★。、::。.::・'゚
カメの甲羅干しでした^^;
カメの頭の甲羅干しって、それは犯罪です、ありえないですね。あったら怖い。

川くだりっていいですよ。
そうですね、ともさんも言ってた、スマタ峡って行ったことないので、みなさんでおじゃまして、スマタで川くだりして甲羅干しええかもしれませんねって、ありえない!!
初コメントで、このコメは素晴らしいですね。

おっと、尻取り・・・失礼しました。説明不足でしたね。
ここでは、曲名の尻取りなんですよ。
「てっしゅ」って、曲名あったか?
管理人が、知らないのでパスします。

「て」からはじまる曲名でお願いします。
mick
2010/05/26 19:55
ヾ(* ̄ ̄ ̄ ̄▽ ̄ ̄ ̄ ̄*)ノこんばんわ♪
じそく40キロの高速船 乗ってみたい
あちらこちら見学もしてみたい
けど丘に上がったカッパには乾きあるのみ
干からびないようにするのが精一杯でっす
諦めて行ったつもり 見たつもり ~(=^‥^A アセアセ・・・

尻取りは 「て」 てんてん手まりのてがそれて〜♪
o(*^▽^*)oあはっ♪ また「て」でいってみよう〜♪
白ウサギ
2010/05/26 19:58
白ウサギ さん (●・ω・)ノ★。、::。.::・'゜こんばんわー☆。.::・'゜★。、::。.::・'゚
是非機会があったら、乗って欲しいですね。
白ウサギさん、旅行とか行かないのですか?たまには、のんびりゆったりと、旅行もいいですよ。

「て」からですね。

「手紙」岡林信康

次は「み」からでんがな・・・
mick
2010/05/26 20:16
こんばんは♪

「亀岩」・・・どこに「頭」と書いてあるんだね?コレは明らかに「甲羅」の方ではないのかね?

って、「松茸岩」お帰りなさぁ〜い♪
うふふ・・・コレぞ「頭」!って感じよね〜!
まったく・・・「亀岩」のくせに(ブツブツ
とも
2010/05/27 00:57
あ、しりとり忘れた!

「みちのくひとり旅」
次は「び」か「ひ」で〜す♪
とも
2010/05/27 00:59
ともさん (*´▽`)v☆*:;;;;;:*☆おはようございます☆*:;;;;;:*☆v(´▽`*)
カメが頭だして甲羅干ししてたんですよ。
たくたくろさんが、うまく曲解してしまいましたね。

尻取りですね。
「美サイレント」山口百恵

次は「と」からでおます。
mick
2010/05/27 11:27
こんにちは〜(^^)/

ホントにまぁ、mickさんは甘いものが好きですね〜。

やはり乗ってみたくなる景色ですね。
ジェットもいいけど 船頭さんが漕ぐ船で
ゆっくり行くのもいいかもしれんです。
         日が暮れてしまうか…。

奥さまも気に入った旅になってヨカッタですね。
可能な限り これからも行くべきですよ。

「時の過ぎゆくままに」ジュリ〜〜〜♪
「に」です。
りりか
2010/05/27 12:30
りりかさん こんにちわ
甘いもの好きですよ。控えてますが・・・・
船頭さんが漕ぐ船でといえば、思い浮かぶのが、四国の大歩危、小歩危ですかね。ここは、そんな感じでした。
渓流くだりは、京都嵐山の保津川くだりとか、四国四万十川の渓流下りとか有名ですね。船頭さんの技術がものを言う・・・スリル満点ですよ。
日が暮れてしまうような時間じゃなくて、恐怖の時間ですよ。
是非、挑戦してみてください。奥さんは、それは、怖いから拒否するって言ってましたが・・・

「虹色の湖」中村晃子
次は「み」ですから。
mick
2010/05/27 12:45
こんにちは〜

泳げないので恐怖は困ります。
でもスリルは味わいたい…。
お婆ちゃんになる前に体験したいですね〜。

「みかん色の恋」 ずうとるび
「い」です。
りりか
2010/05/27 13:30
りりかさん こんいちわ
スリルは好きですか?だったら、是非体験してください。
私は、夕方から、仕事行ってきます。ではでは・・・これにて

「今はもう誰も」アリス

次「も」でやんす
mick
2010/05/27 14:20
コンバンワ―*.゚+ヽ(○・▽・○)ノ゙ +.゚*―!!

・・・って、その5まであるのね・・・・
その1から読まなくちゃね〜・・・(^_^;)
いっぺんに読めないから、少しずつ読んでいくわね(^^)
一輪花
2010/05/27 19:13
あらら・・
σ(^_^)アタシこの松茸岩を見てて・・女性の横顔に見えたのよ・
可笑しい?
写真を縦横4等分にして・・右上の左側・・

見えない?
右を向いた帽子被ったよう綺麗な女性・♪

(; ̄ー ̄)...ン??誰も見えない?
うーん・・(〃 ̄ω ̄〃ゞ・・・

この芸術性が理解できんか・・・
「もしかして」小林幸子♪
次は「て」です〜〜〜
スー
2010/05/27 19:31
今日っは    mickしゃん
その4の続きですが、道民は昔から海の幸がいっぱいあって、川魚なんて口に
しなかったのですね。股、私が実際に鮎を食べた時、
身がバサバサして、味が何もしなかったのを覚えています。

ありゃー二度とごめんダス。脂が乗っていないんですね。
それでは、曲の方ですが。
ビートルズで「Tell me why」テルー・ミーフォァイ
従って次の方「い」からですね。
恐妻家のミック
2010/05/28 17:22
 ↑ 洋楽好きなビビアンから
  「もしかして」が出るなんて…ヾ(▽⌒*)キャハハハ  
  「もしかしてpart2」はデュエットの方か。

こんにちは〜(* ̄▽ ̄*)ノ"

まだmickさんが応えていないのに
芸術性が理解できんか…と せっかちな…。
これはもう ビビアンに欽ドン賞決定〜♪ですね。

「手をつなごう」絢香
「う」です。
りりか
2010/05/28 17:33
あ、かぶってしまいましたね。

訂正しますよ〜。

「粋なうわさ」ヒデとロザンナ
「さ」です。
りりか
2010/05/28 17:36
一輪花さん (●・ω・)ノ★。、::。.::・'゜こんばんわー☆。.::・'゜★。、::。.::・'゚
順番に、ゆっくり読んでください。
訪問ありがとう。
mick
2010/05/28 20:40
スーさん (●・ω・)ノ★。、::。.::・'゜こんばんわー☆。.::・'゜★。、::。.::・'゚
たしかに、アップしてみたら「松茸岩を見てて・・女性の横顔に見えたのよ」って感じにみえますね。まぁ、現地の観光ガイドさんによるとよう呼ばれてるので。
理解できますよ。
mick
2010/05/28 20:44
恐妻家のミック さん (´・ω・)ノ★*゚*☆*゚*こんばんみ*゚*☆*゚*★ヽ(・ω・`)
そうですね、確かに北海道は、海の幸が多いですね。
私も、北海道で食べた、怪我ニとか、美味しかったし、海鮮丼も美味しかったです。ナマモノ苦手なんですで、イクラとか嫌いなんですが、美味しく食べれましたもん。
山の幸が美味しいところは、川魚、鮎とかも美味しかったですよ。
mick
2010/05/28 20:48
りりかさん 毎度
きょうは、仕事休みです。朝7時に起床しました。
6月から、我がマンションの、大規模改装工事があり、ベランダの荷物とか、園芸品とか、全て撤去しなくてはいけないので、朝から、ベランダの荷物の撤去作業してました。この機会に、粗大ゴミとかも片付けてたんですよ。あー疲れた。

スーさん、確かに、演歌とはめずらしいですよね。

「さ」からですね。
「さよなら」オフコーズ
次は「ら」からですよ。
mick
2010/05/29 12:49

コメントする help

ニックネーム
本 文

忍者カウンター

ただ今覗き中

旅行その5 瀞峡から南紀へ Rolling60/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる