Rolling60

アクセスカウンタ

zoom RSS 旅行行ってきました。その1(谷瀬の吊橋)

<<   作成日時 : 2010/05/16 22:35   >>

驚いた ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 22

5月15日、16日と一泊二日で、奥さんと旅行に行ってきました。

主な行き先は、奈良県の十津川村です。

旅程は、一日目15日(土) 快晴  大阪泉州地方の自宅を出発。〜大阪河内長野〜奈良県五條へ。

奈良県五條〜国道168号線で、ひたすら南下・・・・まずは、奈良県十津川村谷瀬の吊橋。

続いて、わき道にそれて、恐怖の県道・・・笹の滝方面

21世紀の森の石楠花〜15日泊まるところ、

十津川温泉郷へ

二日目 16日(日) 快晴  十津川温泉郷出発〜本宮大社〜瀞峡めぐり 〜和歌山県新宮

〜那智勝浦〜串本〜潮岬〜白浜〜と、南紀方面を海沿いに、まわり大阪まで。


といことで、まずは、十津川方面へ。

私の、生声解説付きです、聴いてください

クリックすると、私の、寝起きの、おみぐるしい生声が聴けますよ。





画像


十津川村は奈良県の最南部にある、日本一大きな村です。

電車が通っておらず、交通手段は車または、バスでの移動となります。


今回は、紀伊半島縦断コースと、紀伊半島南紀を海岸ぞいにドライブという感じでした。

画像



五條方面でトイレ休憩なのです。

この写真は、奈良県五條〜十津川方面に向かう途中のトイレ休憩で何気に、立ち寄った場所です。
クリックすると、大きくなります。
画像


実に、いい好天気で、まぶしいのだ・・・・
まぶしさを味わいたい方は、クリックして大きく・・・
画像


通常は、連休中とか観光シーズンになると、十津川方面へのドライブで、結構車多いのですが、当日は、私の車以外には、ちらほらと、たまに2,3台程度の車しか、行き交いませんでしたね。ラッキーですね。


谷瀬の吊り橋
まずは、最初の観光スポットなのです。

日本有数の長さを誇るつり橋なのです。
上野地と谷瀬を結ぶこの巨大なつり橋は長さ297メートル高さ54メートル。
そびえ立つ深い山々に囲まれ、眼下には清澄な十津川(熊野川)が流れまさに絶景!かな・・・

画像



この橋は、20人の制限なんです。それ以上の人が、渡ると揺れて危険なのですよ。

画像


私は、調子に乗って、スキップしながら歩いてたら、やはり揺れました。揺れると怖いですね、思わず恐怖で、髪が逆立ちましたね・・・・ええ、ほんまか?
逆立った髪を見たい方は、クリックで大きく。

奥さんは、カニ歩き、ガニマタになってましたけど、観てると、みなさん、やっぱり、カニ歩きですね。

ここは、通学路になってて、地元の学校の生徒さんは、自転車で平気で渡るそうです。

画像


この写真は、つり橋から、下を見た写真です。板ばりの橋で、隙間があるんですよ。
だから、怖いのです、この足は、私の足です。

この日は、たいへん空いてたので、いつもは、片道しか渡れないのだけれど、往復渡れました。
もう、奥さんも、私も、足腰立ちませんでした。何故って、真ん中あたりで、揺れるので、バランスとらんと、こけるのですよ、で、踏ん張るから、足腰がくたくたなのですよ。
私は、股間も、恐怖で、しょんぼりしておりましたとさ・・・・

さてさて、旅はまだまだ、続くのです・・・・・




尻取りは「ず」か「す」でつづきます。こちらもよろしくね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
驚いた 驚いた 驚いた
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
十津川村・・・なんか聞き覚えが・・・
あぁぁぁぁ思い出した!!
大学時代の友達の実家でした〜〜
とても素敵なところですよね^^
chika
2010/05/17 10:42
chikaさん ( ´艸`).。o○オ.。o○ハ.。o○ヨ.。o○ウ.。o○
十津川村って、日本一大きな村で、奈良県全体の5分の一を占めてるようです。
山奥で、携帯の電波が圏外なのですよ。
友達の実家ですか、凄い。
とても素敵ですよ。村の人は、愛想も良くて、みなさん、挨拶してくれましたよ。
mick
2010/05/17 10:47
こんにちは〜mickさん
はじめて、お声聞きました〜お顔とマッチしてます〜〜ね
この次は、歌を載せて下さいね・・・

それにしても、ゾッとするような、つり橋ですね〜土に足ついてないと駄目な私には、渡るのなんて無理無理・・・

石川 セリさんとこ覗いて聴いてきました〜軽い感じが好きです〜〜〜
写真のmickさん、度アップしてみましたよ〜〜な〜るほどw

しりとり 何からかわからないのでパスします〜〜ありがとう〜〜
aoihana
2010/05/17 12:00
aoihana さん (*´▽`)v☆*:;;;;;:*☆おはようございます☆*:;;;;;:*☆v(´▽`*)
気持ちんタマありがとう。
生声解説は久しぶりなんですが、ブログのあっちこちで、たまに解説してます。
そうそう、生歌(昔のコンサートでの録音ですが、若い頃の声)も、メインサイト「元気です。」のほうで、披露してました期間限定で。

若い頃の、歌ならあるので、ここに、今度掲載しましょうか?

吊り橋は200メートルほどあるんで、スリル満点ですよ。
旅行記は、まだまだ続きますからね。乞うご期待!

石川セリさんの洋楽カバーとかいいでしょう?
そうそう、洋楽の、カラオケとか烏賊がですか?是非、今度歌ってください。
http://mick0106.blog61.fc2.com/blog-entry-414.htmlで、紹介してたけど、
この4曲のうちのどれかを、歌ってほしいですね。よろしく。

アップに耐えてますよ、なるほどって・・・・

尻取りは「ず」か「す」からですわ。
mick
2010/05/17 12:13
お疲れさまでした〜(^^)/

吊り橋の幅があんなに狭くて よく渡りましたね〜。怖っ!
でも往復してみたいです。
閉所はダメですが 高所は恐怖症じゃないので
カニさん歩きはしないと思います。(たぶん)

空いててラッキーな旅でしたね〜 v(。・ω・。)ィェィ♪

「ズンドコ節」
「し」です。
りりか
2010/05/17 14:12
りりかさん 気もチンよかタマタマあんがちょ

吊り橋は、地元の人は、自転車で通るそうですよ。
高所大丈夫ですか、だったら渡れますね、景色いいし最高ですよ。
カニさん歩きするでーみんなしてたし。

尻取りは「し」からですね。
「知りすぎたのね」ロス・インディオス

次は「ね」からですばい。
mick
2010/05/17 14:17
こんにちは〜(^○^)

ひとりで渡れればいいけど 何人かが渡っていれば
揺れるんですよね…。
高さより揺れが怖そうですよ。
正直言うと 板の横から下が見えているでしょ?
それが難関のような気がします。

どんだけ怖がらせる造りになっとるんじゃ〜!
地元のひとたちは曲芸師ですね。

「ねぇ 気がついてよ」桜田淳子
「よ」です。
りりか
2010/05/17 15:04
コンチャ(^_^)v♪
旅行お疲れ様でした♪
田舎って感じですよね〜うちの近所に近いかも(≧∇≦)♪しかし!福岡市内なんだよ〜♪
吊橋一つだけ携帯で見れましたが〜他は見れない(ToT)・
高い所大好き!渡ってみたい===飛びはねて揺らすと快感( ̄∀ ̄)♪
スー
2010/05/17 15:17
こんにちは♪

おほほ・・・この吊り橋は、まさに「秘境への入り口」という感じですわよ!
(わたくしは怖くて渡れませんが・・・笑)
生声の解説サービス、おつかれさまでした^^
続きも楽しみにしていますね♪
とも
2010/05/17 15:54
こんにちは(^^)

ご夫婦でドライブ旅行とは、羨ましいです(−−;

20人に制限されている橋と聞いただけで、
びびりそうです〜。
橋の上にいる人の数を数えてしまいそうです(^^;
ときドキッ!
2010/05/17 17:43
こんばんわ〜

ご夫婦でのドライブの旅お疲れ様でした♪
この吊り橋の写真、圧巻ですな(^ ^)
それにしてもこの吊り橋、高所恐怖症の我輩にとっては渡りきるのは到底無理ですわ{{{(+ω+)}}}ガクブル 手前でギブアップしてしまいそ〜

続きが楽しみですネ。

「よ」という事で尻とりの続き☆
「四つのお願い」ちあきなおみ
「い」でどうぞ〜
winechoco
2010/05/17 23:57
おはようございます♪
旅行良いですね〜^^
自転車で渡るんだ〜すごいですね〜

「命くれない」 瀬川瑛子

「い」です♪
うさピョン
2010/05/18 11:54
こんにちは〜♪

「いのちくれない」…(=_=)「い」で始まり「い」で終わってる

「急いで!初恋」早見優 ♪きみの香り深呼吸〜

「い」です。 ♬〜( ̄。 ̄;)
りりか
2010/05/18 13:25
お早うです〜mickさん
事情により、ブログ閉じました・・楽しいコメントありがとうでした・・

い・・ですね
  「今はこのまま」・・・大月みやこ・すきな曲です・・
お次・・・「ま」で、どうぞ〜
aoihana
2010/05/19 08:18
りりかさん こんにちわ
旅行疲れかな?早速の仕事明けで、昨日は、寝ておりました。
きょうは、休みです。
この吊り橋は、20人制限なんですよ、揺れるからね。
たしかに、地元の人たちは、平気で渡ってますね、曲芸じゃよ。
mick
2010/05/19 12:40
スーさん (*・д・)ノ*:゚★こんにちヮ☆・゚:*:゚
田舎っていうか、秘境ですね、関西の屋根っていわれてます。
年間雨量も多いところで、昔は、陸の孤島って言われてましたね。
携帯だと、大きな画面は、容量オーバーで観れないと思いますね。
橋渡りたいのか?一緒に渡ろうか、飛び跳ねたら、落ちるぞ!
mick
2010/05/19 12:46
ともさん (*・д・)ノ*:゚★こんにちヮ☆・゚:*:゚
そうですね、「秘境への入り口」ということで、この後の旅行記は、ますます奥地へ入ってゆきますよ。
私、大事な、おでこを・・・・流血事件が!!!とかね。
続きも、乞うご期待ですよ。
mick
2010/05/19 12:50
ときドキッ! さん (*・д・)ノ*:゚★こんにちヮ☆・゚:*:゚
昔は、余裕無かったけど、今は子供も社会人ですからね。
夫婦で、小旅行できる年代になったということですよ。
宮崎にもこういった吊り橋なかったですか?
mick
2010/05/19 12:56
winechocoさん ( ´・ω・)o_∠・:*こんてぃゎ
関西でしたら、winechocoさん も近いので、行ってみたらどうですか?面白いですよ。
この橋の場所に、喫茶レストランがあるんですが、そこでお茶飲みながら、橋を渡る観光客を眺めてると面白いですよ、みんな、カニ歩きになってますね。
それと、若いカップルは手を繋いでますね。
私?熟年夫婦ですが、久しぶりに、手を繋ぎましたね。ヾ(  ̄▽)ゞ オホホホホホ
mick
2010/05/19 13:02
うさピョンさん ( ´・ω・)o_∠・:*こんてぃゎ
うさピョンさんちも、ご夫婦でよく旅行とかいかれてますよね。
そうなんですよ、通学路になってるので、ここ渡らないと行けないそうです、自転車でですよ、凄いですよね。
mick
2010/05/19 13:04
aoihanaさん (*・д・)ノ*:゚★こんにちヮ☆・゚:*:゚
ええ、ブログ閉鎖したんですか?
なんか、あっという間に開設して、わずかの期間でしたね。
まぁ、生歌聞かせてもらって楽しいブログでしたよ。
又、ブログ開設でもしたら、連絡ください。
こちたには、コメントはしてくれるんでしょう?
よろしく。
mick
2010/05/19 13:09
尻取りは、「ま」からですね。

「丸山、花街、母の街」三善英二 演歌ですね。

次は「ち」からです。

さて、旅行記の続きは、今日当たり更新予定です。
恐怖の、ドライブコースに流血事件・・・・など。
mick
2010/05/19 13:13

コメントする help

ニックネーム
本 文

忍者カウンター

ただ今覗き中

旅行行ってきました。その1(谷瀬の吊橋) Rolling60/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる